明日は湯治に行って来ます

明日26日は定休日で湯治に行って来ます!

何故湯治?はコチラの別ブログで

 

 

さてさて、無事退院してきまして元気に営業しております。

今月は不思議な事に「複視(物が左右や上下に2つ見える)」のご相談が続きました。


お一人目は数年前に当店で複視調整のメガネをご購入いただきとでも調子が良く喜んでいただいたお客様に新しいメガネを作製していただきました。

 

お二人目は新規のお客様でしたが他店でご購入のお洒落なメガネの調子が悪いとの事。二つに見えると訴えても「乱視だから慣れてください・・・」一点張りだったそうです。視力は出ているので「保障対象外」とも言われたそうです。当然片方ずつの検査では2つに見えず視力も1.0ですから知らないお客様は慣れない自分のせいだと思いこみますよね、可哀想に。


こんな話がほとんどです、物が2つ見えるのは乱視のせいではありませんのでいつまで経っても慣れませんよ。

 

三人目も似たようなお話ですが、「検眼なら当店にお任せください!」的なお店だったそうです。残念。

 

四人目のお客様は当店のお客様で以前は単焦点で複視調整をしましてとても調子が良いとの事で今回は遠近両用レンズで作製いただきました!

 

そして本日五人目のお客様は少々ご高齢の奥様、白内障で眼内レンズにしたら物が2つに見える様になったとの事(最近はこの手のお話が良くあります)

しかし少々ご高齢なので慣れるのに時間がかかるかも?とじっくり説明してご注文いただきました。

 

以前にお二人揃って焦点が1cmも違って人工的に複視になっていた姉妹がいらっしゃいましたが、こう言うのはもう論外ですね。最初は複視調整でプリズム入れてわざとにしているのかと思ったら何度検査しても複視なし、単なる作成ミスでした。



もちろんワタクシより高度な検査技術のお店は多数ございますし、当店で解決しない時もございますのでやみくもに「当店にお任せください」とはとても恥ずかしくて言えません。

しかしご相談に来られた以上は誠心誠意解決に向かうようにお客様とご相談しながら検査いたします。